007シリーズ

【シリーズ第21作目】『007/カジノロワイヤル』を読み解く!

かず

会えない時のために、こんにちは、こんばんは。そしておやすみ。
どうも、かず(@kazu_eigablog)です。

今日紹介するのは、『007/カジノロワイヤル』です!

『007/カジノロワイヤル』って上映時間が144分と長めなのに、ちょっとだけ話が分かりづらい部分があるんですよね。

もちろん万人におすすめできる、最高におもしろい映画ですよ!

だけど!
たとえば、序盤から散々出てくる単語のエリプシスやヴェスパーというパスワードに、違和感を持った人も少なくないと思います

「なんでパスワードなのに、英語の単語なの?」
「パソコンのパスワードならまだしも、銀行のパスワードだったら感覚的には数字なのに」、と。

実際あれは数字なんです!

本記事では、シリーズ第21作目『007/カジノロワイヤル』を読み解きます。

おれは小学生の頃からの根からの007ファンです。2015年にはひとり旅でロンドンまで行き、MI6を生で観てきました。

MI6
2015年撮影。『スカイフォール』(2012年公開)と『スペクター』(2015年公開)で大変なことになっていたはずなのに!

せっかくなら、ひとりでも多くの人にこの映画を心の底から楽しんで欲しい。
そして007ファンが増えて欲しい!

では、本文にレッツ・ゴー!

あらすじとレビュー

007
(引用元:IMDb)

あらすじ

暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金運用をしているル・シッフルの存在を突き止める。高額掛け金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、モンテネグロに向かうボンドの前に、国家予算である掛け金1, 500万ドルの監視役として財務省から送り込まれた美貌の女性ヴェスパー・リンドが現れる……。

007/カジノ・ロワイヤル』のいいところ

  • わりと筋の通った脚本
  • リアル路線になった生身の激しいアクション

007/カジノ・ロワイヤル』の微妙なところ

  • 若干、説明不足なところがあるのは否めない。
  • なのに上映時間は144分とちょい長め
かず

詳細なレビューは以下の記事に記載しています。
当時の金髪青眼のボンドが登場した時の気持ちとかも書いています。

【国家予算でポーカー!】『007/カジノ・ロワイヤル』のあらすじとレビュー!(実は三度目の映像化)記念すべき007レビューマラソンの第1作は、『カジノ・ロワイヤル』から!なぜ『カジノ・ロワイヤル』かというと、007入門に最適だから!ボンドを演じる俳優がダニエル・クレイグに代わり、さらに『カジノ・ロワイヤル』は原作小説でも第一作にあたります。...

予告編

007/カジノ・ロワイヤル』の解説

ルシッフル
(引用元:IMDb)

Q.エリプシスとは何なのか? 

“ELLIPSIS”は「省略」という意味ですが、その言葉自体には深い意味はありません。
扉のパスコードが英単語なのは不思議だなあ、と思った方もいるかもしれません。

しかし、これは暗号で携帯のキーパッドの“35547747”に対応しているのです。

以下の解説記事では、エリプシスのことの加えさらに突っ込んで以下のことなどを解説しています。

  • ヴェスパーとは何者なのか?
  • ルネ・マティス裏切り者なのか?
  • カジノで資金援助してくれた黒人は誰?
『007/カジノ・ロワイヤル』ネタバレ解説。ヴェスパーという暗証番号に秘められた小ネタも。『007カジノ・ロワイヤル』はとても面白い作品ではあるのだが、上映時間の関係か重要なシーンをさらっと流したりする。なので、ちょっとわかりづらいシーンがある。例えば「ヴェスパーやマティスって結局だれ?いいやつなの?悪いやつなの?」とかね。あとは「意味深に出てきた単語エリプシスってなに?」とかそう言ったものを解説します。...

出てきた舞台を解説

ヴェスパー
(引用元:IMDb)

いい車に乗って、女性にモテて、筋骨隆々。おまけにしゃべりも達者。
そして公務員なので国民の血税を使って、海外へ出張に頻繁に行く男。

そんなオス界の頂点を極めるジェームズ・ボンド中佐。

『007/カジノロワイヤル』ボンドが旅のしおり
  • プラハ(チェコ)
  • ウガンダ
  • マダガスカル
  • バハマ
  • マイアミ(アメリカ)
  • モンテネグロ
  • ヴェニス(イタリア)
  • コモ湖(イタリア)
かず

以下の記事では、グーグルマップなどを駆使して、『007/カジノロワイヤル』で登場した舞台をまとめています!

ぜひボンドの旅の足跡を味わってみてください。

【映画で世界旅行!】『007/カジノロワイヤル』に登場した舞台を紹介 かず 会えない時のために、こんにちは、こんばんは。そしておやすみ。どうもかず(@eigablog_kazu)です。 本ページでは...

スタッフ・データ

監督マーティン・キャンベル
>>関連作
『007 ゴールデンアイ』
脚本ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
ポール・ハギス
プロデューサーバーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
編集スチュアート・ベアード
>>関連作
『007 スカイフォール 』
撮影フィル・メヒュー
>>関連作
『007 ゴールデンアイ』
『007 スカイフォール 』
音楽デヴィッド・アーノルド
>>関連作
ピアース・ブロスナンがボンドを演じた一部のシリーズ
007 トゥモロー・ネバー・ダイ
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
007 ダイ・アナザー・デイ
日本公開年2006年1月
上映時間144分

関連記事

かず

シリーズ22作目『007/慰めの報酬』のレビューおよび解説もしています。

気になる人は見てみてね。

【シリーズ第22作目】『007/慰めの報酬』を読み解く!『慰めの報酬』はシリーズ屈指のハードなアクションが見どころです!今回の感想は記憶を頼りに書くのではなく改めてブルーレイを見直し、特典映像まで余すことなく見た上で書きます。...
ABOUT ME
かずくん
ある日学生時代に友人におすすめ映画を紹介した時に、「めっちゃ面白そう!」と好評。 昔から映画は好きだったが、映画を紹介することで初めて人に認められ、人生がほんのちょっとだけ変わった人間。 「映画の知識があれば、老若男女問わず話が合うし、教養が身について人に優しくなれるし、歴史にも詳しくなる!」そんな信条の持ち主。

↓ポチッとワンクリックしていただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA